余談になるが、動物コミックは今も数多く存在するが この「ぼくの動物園日記」は群を抜いて優れている。 たぶん私の・・・