今年も日本馬の進撃が行われる。昨年はモーリスが強さを見せた香港カップ。一昨年はエイシンヒカリの海外デビューと日本馬にとって香港競馬は世界へのアピールにはなくてはならないものである。今年も粒ぞろいの精鋭が挑むのでチャンスは大と見るが。

四つのレースを予想しましたが、日本人騎手が武豊と岩田康誠の二人とは少し寂しい。日本馬の戴冠をこの地で期待せずにはいられない。

写真は坂本真綾。来年は台湾と香港でのライヴが決まった彼女。坂本真綾の世界進出が遂にと思う。世界進出する坂本真綾は2018年も目が離せれないような気持になります。

矢吹健太朗がジャンプ+で1月より連載、詳細はジャンプフェスタで解禁

ブラックキャットは見ていたが

そもそもジャンプ+とはどういう意味なのだろうか。

名刺作成は気になりますが夜も遅いので寝ます。